様々な銘板に最適な素材を

アクリル銘板で皆さんがよく目にするのは小中学生などが付けている名札などではないでしょうか?その他には機械部品や装置部品として使われており、ご自宅の表札などにもDIYされていますよね。
アクリル板は彫刻やシルクスクリーン印刷、UV印刷にも適しており、「【デポライト】透明アクリル板(キャスト)」「白吹き アクリル」「アクリルカラー板」がおすすめです。

アクリル板でオリジナル銘板を作ろう♪


銘板とは、必要な事項を容易に消えない方法で表示したものです。
加工性に優れたアクリルデポおすすめの「【デポライト】透明アクリル板(キャスト)」「【デポライト】片面マットアクリル板(キャスト)」は、「UVペン(ボトル有)」を使って簡単に接着できるので、室名札やご自宅用の表札等をオリジナルで作ることができます✧

商品一覧

15件中 1-15件表示

アクリル板銘板 作ってみた

銘板とは、必要な事項を容易に消えない方法で表示したものです。銘板というと馴染みのないものに聞こえてしまうかもしれませんが、看板などをはじめ、お家の表札やルームプレートなども簡単に消えないといった点で銘板の一つになります。レーザー彫刻や切り文字で製作した銘板の事例をご紹介します!

レーザー裏彫り彫刻銘板

レーザー裏彫り彫刻銘板

レーザー加工機は直線・変形カットだけでなく、レーザー彫刻も可能です!(※レーザー彫刻ができる素材は、アクリルのみとなります。)
レーザー彫刻を行うと、写真のように図面部分が白く削れてイラストや文字が描かれます。お好みの文字やイラストのデータをAdobe Illustratorソフトで作成して頂くことで、ロゴマークや表札、結婚式のウェルカムボードや記念碑など、さまざまなものが製作できます。
使用板はアクリル板(キャスト)の透明色、ガラス色、マット色がおすすめです。透明度の高いアクリル板と彫刻の組み合わせが、クリアな上質さを演出してくれるので大変好評です♪

切文字で作った銘板①文字編

切文字で作った銘板①文字編

お好みのフォントや言葉の文字データをAdobe Illustratorソフトで作成して頂き、レーザー加工機でカットすることで切り文字銘板を製作できます。壁などに直接取り付けたり、台座に貼り付けたり、と使い方はさまざまです。
今回は、板厚3mmの黒マットアクリル板で切り文字を製作し、玄関の壁に貼り付けました。マット色を使用すると壁などにも馴染みやすく、シックな感じがでるので大変おすすめです♪照明があたることでアクリル板の厚みでうっすらと影が掛かり立体感がでます。お部屋のインテリアのアクセントとして、ご自宅やお店の入り口などにオリジナルで切り文字銘板を製作してみませんか?❀

切文字で作った銘板②イラスト編

切文字で作った銘板②イラスト編

データをAdobe Illustratorソフトで作成し、レーザー加工機でカットすれば、文字だけではなく、もちろんロゴなどのマークも製作可能です。
今回製作したのは、バスルームのピクトサインです。角丸四角形にカットした黒マットアクリル板に、切り文字や絵の形に変形カットをした白マットアクリル板をUVペンで貼り付けたものになります。切り文字にすることで自分の好きなように配置もできるため、デザインの幅が広がり世界に一つだけのオリジナルの銘板を作ることができます✧ご自宅のルームプレートや、お店の看板、ロゴマークとしてなど、さまざまな場所に設置可能です❀